一度買った商品は返品可能!?ルールを抑えて賢く楽しくお買い物! | 暮らしぷらす

一度買った商品は返品可能!?ルールを抑えて賢く楽しくお買い物!

ネット

私はGUのオンライン通販でよく洋服を買います。サイズが豊富で、素敵な商品が安価で手に入るところが魅力的だからです。

しかし、そこでよくやる失敗があります。それは、買った商品のサイズが自分に合わなかったり、似合わなかったりすることです…。

いやー困りました。一度買ったとはいえ、合わないものを置いていてもしょうがないです。

私の正直な気持ちは「そのまま返品して、そのままお金が返ってきてくれればいいのになあ!」というところです(笑)

返品するにも気が引けて遠慮してしまうところですが、実際のところは一度買った商品でも返品はOKです。

ただしルールはあります。そのルールが分かれば、一度買った商品だから…と、変に遠慮することがなくなりますよ。

 

 

一度買った商品を返品するハードルが高い理由とは

基本的に、一度買った商品は、その商品が壊れているなどの欠陥がない限り、返品が難しいとされています。

ここで、一度買った商品の返品をめぐる出来事を簡単に紹介します。

購入し未開封のまま数年保管していた高価な洋服を着ようとしたところ、破れている箇所を見つけました。

購入した当時は、試着のみの着用。その日は、数年ぶりに着用したということです。

商品に欠陥があるとして、返品したいとお店側に伝えたけれど、返品に応じてもらえませんでした。

数年経つとはいえ、未開封であったとのことですが、どうして返品に応じてもらえなかったのでしょうか。

店舗販売の場合、店員さんが商品を保管し、お客さんが商品の状態を確認しています。

その商品に欠陥がない状態を確認した上で、お客さんがお金を払い、商品を受け取っているという認識があります。

だから、お店側には、商品に欠陥がない限り返品に応じなければならないという義務がありません。

一度買った商品でも、破損を理由に返品するのであれば、その破損が購入当時からあることをお店側に伝える必要があります。

お店側としても、欠陥が購入当時からあったと認めたのであれば、返品に応じなくてはなりません。

しかし、時間が経ってしまうと、購入当時からあった欠陥なのかどうかを証明することは不可能です。

お店側としては、購入当時から欠陥があったか不明確な商品の返品を、安易に応じられないのです。

また、「こちらのミスが原因で買った商品を返品するなんて失礼だ!」という考え方が浸透していることも挙げられます。

この考え方はどうやら日本人によくあるものだそうです。他の国では、一度買った商品でも自由に返品するしお店側も対応します。

特にアメリカでは、ダンスのイベントで一度着用した商品を返品するなんていう強者も…。

アメリカでは自己主張する文化が大きく影響し、返品したいという主張もバンバンしているのだそうです。

こういった返品があまりにも多く商売が成り立たず問題になっているため、だんだん厳しくなっているのだとか。

こういった返品自由な話を聞いて、かなりのフリーダムっぷりに噴き出してしまいました(笑)

 

 

一度買った商品でもルールを守れば返品可能

直接お店に行って買った商品が、実はいらなかった!なんて経験ありませんか?

この場合、商品に欠陥があるわけではなく、自己都合の返品となります。

なので、「こっちのミスなのに、一度買った商品を返品するなんて、失礼だよなぁ。」と、諦めることが多いと思います。

しかし、レシートを保管していて、購入してから日にちが経っていないようであれば、返品に応じてもらえるかもしれません。

いつまでに持っていけば返品に応じてもらえるのか、などの細かいルールはお店によって違います。

いつ購入したのか、レシートはあるのか、タグはついているのか…など、詳しい状況を伝えましょう。

その上で、一度買った商品でも、返品できるか相談してみましょう。

例えば、消費期限のある食べ物などは、日にちが経っていなくても、返品に応じてもらえないことがほとんどです。

しかし、コストコでは、食べ物でも「食べてみたらおいしくなかった」という理由で返品することが可能です。

コストコでの一度買った商品を返品できる範囲について知った私は、雷を打たれたような衝撃を受けました(笑)

「食べてみたらおいしくなかった」なんて、完全に自己都合なのに…!!

ちなみに、コストコでの返品の方法は、まず事前にコストコへ連絡します。

その後、コストコ会員本人が返品カウンターへ行き、商品または商品の写真とレシートを見せれば返品完了です。

このように、お店や商品によって対応範囲が違います。必ずお店に確認しましょう。快く対応してもらえるかもしれません。

 

 

一度買った商品はネットショッピングでも返品可能

ネットショッピングの場合、商品を手に取って見ているわけではありません。

そのため、色や形のイメージが違っていたということがよくあります。

オンライン通販の場合、お店側は、返品するための決まり事をサイト上に書いておかなければなりません。

一度買った商品を返品する場合は、その決まり事を確認して手続きを行っていきます。

例として、代表的なオンライン通販サイトの返品方法についてまとめていきます。

 

ユニクロ・GUの場合

返品理由を記載した返品カード、請求書、商品を封筒に入れ、指定された宛先へ注文日から30日以内に郵送しましょう。

代金支払い後の場合は、請求書ではなく領収証を入れます。また、返品カードには返金の振込先も記入します。

なお、返品可能な商品は、使用前・タグ付き・裾直しなし・新たなキズなしの商品となります。よく確認しましょう。

自己都合の返品は、郵送代を自分で負担します。欠陥がある商品の返品は着払いで郵送してもOKです。

お店側が確認した後、支払い前であれば訂正された請求書が送付されます。

支払い後であれば返品した商品の代金が振り込まれます。

なお、代金支払い前の返品は2回まで受付可能です。ここ注意ですよ!

 

Amazonの場合

一度買った商品で、Amazonが発送した商品を返品する場合、Amazonの注文履歴から返品したい商品をクリックします。

専用ラベルを印刷するかどうかを聞かれます。印刷する場合は、その専用ラベルと商品を箱か封筒に入れて返送します。

印刷しない場合は、下記に書かれているうちのどれかを、商品と一緒に入れて返送します。

①spから始まるバーコード

②返品受付IDを書いたメモ

③出荷ラベルの一部であるバーコードまたはお問い合わせ伝票番号部分

④納品書

Amazon側が商品を確認し、返金が行われます。返金手続きがどこまで行われているか確認することができます。

なお、家電や自転車、Apple製品など、返品を受け付けない場合があります。詳しくは、返品・交換の条件を見てみてください。

Amazonマーケットプレイスの商品でAmazonが発送していない商品については、注文履歴から出品者に返品リクエストを行います。

その後、出品者から今後の対応について連絡が直接メールなどで届きますので、対応していきましょう。

 

楽天市場の場合

楽天市場は、お店ごとで返品対応の方法が異なります。お店に直接連絡し、一度買った商品でも返品できるか確認しましょう。

時には「代金を支払ったが商品が届かない」「商品ページと全く違う商品が届いた」などのトラブルに合うことがあります。

楽天市場ではそんなトラブルがあっても補償するサービスを行っています。

それは、楽天あんしんショッピングサービスといいます。年会費が無料で、1回あたり上限30万円まで補償してくれます。

お店に連絡しても3日以内(年末年始などの長期休暇を除く)に回答がない、または回答に納得がいかない場合に、補償を申請します。

調査するために必要な書類を楽天市場へ提出し、審査を行ないます。

補償が決定したら、楽天ポイントか現金で購入代金分が補償されますよ。

注文日の翌日から90日以内で、代金を支払っている商品が対象となります。

 

ZOZOTOWNの場合

こちらは、買った商品の受け取り後7日以内に、ZOZOTOWNの注文履歴から申請し手続きします。

手続きが完了したら、返品方法や返金についてメールにて説明があります。

なお、商品そのものだけでなく、商品タグや商品が入っている箱に破損がある場合、返品を受け付けないそうです。

返送する際に、宛先が書かれているシールなどを、商品についていた箱に貼り付けるのも、箱の破損と見なされます。

タグや箱の破損もNGと知って、返品するにも結構厳しいんだな、という印象を受けました。

 

フリマサイトやオークションの場合

フリマサイトやネットオークションで中古品を購入するシーンで、返品をめぐるトラブルは多いです。

「新品未使用」と表示されていたはずの商品が、明らかに使用済みの状態だったり、傷などがあったりすることもあります。

中古品を販売することが多く、「ノークレームノーリターン」を主張する出品者も中にはいます。

買う前に、返品に関する注意書きがないか、よーく確かめましょう。

万が一、欠陥が見つかった場合は、取引が完全に成立する前に、出品者へ確認しましょう。

明らかな欠陥があるにも関わらず、出品者が購入者をバカにするような誠意のない対応をするなど、ひどいケースがあるようです。

その時は、まずは消費生活センターや弁護士に相談してみましょう。

万が一、訴訟することを考えている場合は、必ず欠陥があったことや出品者の態度について証拠をとりましょう。

 

 

まとめ

  • お店側は、商品に欠陥がない限り、お客さんが一度買った商品の返品に応じる義務はない。
  • しかし、条件を満たせばサービスとして返品に応じてもらえることがある。
  • オンライン通販の場合、一度買った商品を返品するための決まりがサイト上に書かれている。
  • オンラインでも、一度買った商品でも、欠陥があれば代金を補償してくれるサービスを行っているところがある。
  • 中古品で買う場合は、返品の注意事項がないか必ず確認してから購入する。

一度買った商品でも、お店側のルールを守れば返品できると分かっていれば、何かあっても悩まずに済みますね。

返品の知識と店員さんに相談する少しの勇気をもって、少しでも自分が納得のいく買い物をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました