81を電話番号に付けるとどうなるの?使い方を知りたい方は必見! | 暮らしぷらす

81を電話番号に付けるとどうなるの?使い方を知りたい方は必見!

暮らし

最近、+81の付いた電話番号を見かける機会が増えてきました。LINEやインスタ、Facebookなどを使う方が増えたからです。

世界で使われているSNSサービスは、利用する時の電話番号認証に+81が使用されています。電話番号を登録する画面では、初めから+81が表示されていますよね。

他にも、私は何度か国際電話を利用した事がありますが、その時にも+81を使いました。国際郵便を送る際の伝票にも電話番号を記入する欄があります。

81が日本の国番号っていう事を知っている方はいますよね?!

でも、実際にどうやって使えば良いの?と思っている方も多いはず!という訳で、+81の使い方や書き方を分かりやすく説明します!

世界が身近になっている時代、知っておいて損はありません!お仕事やプライベートできっと役に立ちますよ♪

 

 

81が電話番号に付いているのは意味があるの?

最初に少し触れましたが、81は日本の国番号なのです。国際電話や、海外とのやり取りを行う時に81を付けた電話番号を使います。

国番号は、1~5桁で各国に割り当てられています。日本では1つしかない電話番号でも、海外では同じ電話番号が存在する事もあります。

そんな時、国番号を付ける事で世界に1つしか存在しない電話番号になるのです。

81が国番号という事は分かったけど、その前に付いている「+」って何なの?と思いますよね。「+」にもちゃんとした意味があるのです。

簡単に言えば、国際電話ですよ!という意味があります。これと同じ意味を持つものが、「国際プレフィックス番号」です。日本は010と決められています。

なぜ同じ意味のものがあるの?と思いますよね。これは、固定電話からかける場合と携帯電話からかける場合で違うからです。固定電話には、「+」がありません。

その時に、国際プレフィックス番号を使うのです!携帯からかける場合でも、「+」を使わずに国際プレフィックス番号でかける事ができます。

でも、携帯電話の場合は「+」を簡単に出す事ができるのです!!電話をかける時のキーパッドを開くと、0のボタンに小さく+記号も書かれていますよね。

0のボタンを3秒くらい長押しすると「+」が表示できるのです。そうする事で、国際プレフィックス番号の入力を省略する事ができるのです。

「+」にも81にも、海外とやり取りをする為に必要な意味がきちんとあるのです。

 

81と電話番号の書き方に決まりはあるの?

海外とのやり取りが考えられる場合は、81を付けた電話番号を書きます。書き方は、(+)(国番号)(最初の0を抜いた電話番号)です。

(+)にあたる部分は、国際プレフィックス番号に置き換える事もできます。(最初の0を抜いた電話番号)については、携帯電話も固定電話も最初の0を抜きます。

携帯電話は、090→90、080→80になります。固定電話は、市街局番にあたる部分で最初の0を抜きます。例えば、東京なら03→3となります。

このように、海外のやり取り用に2種類の書き方があるのです。分かりやすく日本の場合を例にあげてみます!

電話番号が090-1234-5678の携帯電話
  • (+)を使用すると+81-90-1234-5678
  • 国際プレフィックス番号を使用すると010-81-90-1234-5678
電話番号が03-1234-5678の固定電話
  • (+)を使用すると+81-3-1234-5678
  • 国際プレフィックス番号を使用すると010-3-1234-5678

これが基本の書き方ですが、現在よく見かけるSNSの利用等で入力する場合には例外が多いです。

電話番号を登録する時、既に+81が表示されている場合が多いですよね。でも、電話番号を打ち込む時は最初の0を抜かなくても大丈夫な場合が多いです。

身近なLINEやインスタ、Facebook、ツイッターは電話番号を入力する時に最初の0をつけたままでOK!

普通に電話番号を入力すれば、表示される時には0が抜かれた電話番号になっています。

他のサイト等で、最初の0を抜いて入力して欲しい場合には、注意書きで書かれている事もあります。見落とさないように注意が必要です。

 

 

81の電話番号はかけ方どうすればいいの?

では、実際に国際電話をかける時はどうしたら良いのでしょう。基本的なかけ方は、書き方の通りにプッシュすれば大丈夫です!

携帯電話から書けるときは、電話番号の前に+81を使用します。固定電話からかける時は、+の代わりに国際プレフィックス番号を使用します。

海外から日本へかける時は、010です。日本から海外へかける場合は、相手国の国際プレフィックス番号を入れます。

各国の国際プレフィックス番号は、インターネットで調べる事ができます。現在、この基本的なかけ方ができるのは国際電話が可能なマイラインに登録している場合です。

マイラインとは、利用する電話会社の事です。あらかじめ利用する電話会社を登録していれば、基本的なかけ方でOKです。

自分がマイライン契約している会社が知りたい方は契約者本人が「116」にと問い合わせれば確認できます!

マイラインを登録していない場合は、国際プレフィックス番号の前に事業者識別番号が必要です。利用する電話会社の事業者識別番号もインターネットで調べる事ができます。

ただ、このマイラインサービスは2025年に廃止される事が決まっています。そうなると、廃止以降は010の前に事業者識別番号が必要になりますね。

つまり、(事業者識別番号)(010もしくは+)(81)(0を抜いた電話番号)となります。

ちょっとややこしいですが…。IP電話回線や携帯電話の場合、事業者識別番号は必要ありません。

自分がどの回線を使って国際電話をかけるかで、かけ方の電話番号は変わります。変わらないのは、「81」と電話番号から0を抜くという2つだけですね。

 

 

81の電話番号で料金はどれくらいかかる?

81を付けた電話番号という事は、国際電話料金になります。国際電話も、使用する電話会社によって違いがあります。

現在は、Wi-Fi環境があればLINEやSkypeなどで国際電話も無料で出来ますね。ただ、ネット環境が整っていない場合は国際電話を使用しなくてはなりません。

国際電話は、相手の地域や利用する電話会社によってかなり金額に差があります。固定電話からの料金は、NTTの公式ホームページで調べられるので活用して下さい!

今は、携帯電話がメインになっているので国際電話も携帯からかける方が多くいます。大手の携帯電話会社を比較すると、auがかなり安い価格設定になっています。

次にdocomo、SoftBankと続きますが、どれくらい差があるのか例をあげてみます。

国名

au

docomo

SoftBank

アメリカ合衆国

44円

68円

78円

中国

74円

114円

198円

イギリス

105円

216円

238円

これは、1分あたりの税抜き料金になりますがかなりの差ですよね。一般的に、携帯電話の場合は30秒ごと、固定電話は6秒ごとに料金が加算されるようです。

ただ固定電話からの場合は、最初の1分と2分目以降の料金が異なります。そこで、携帯電話と固定電話はどちらからかけた方が安いのかを調べてみました。

国や電話会社にもよりますが、携帯電話からかける方が少し安いようです。+81をつけて電話番号をプッシュすれば、簡単に日本への国際電話がかけられます。

また、+(国番号)で日本から海外にもかけられます。やはり携帯電話を使用する方が簡単で安い為、オススメですね♪

実は、他にも国際電話を安く活用する方法があるんです!双方の環境が整っていれば、無料通話を利用する事が出来ます。

でも、無料通話サービスの利用が出来なくても格安で利用できるサービスがあるのでご紹介します。

楽天でんわ
  • アメリカ、中国、オーストラリアなど、32カ国での国際電話が一律¥10/30秒(課税対象外)でかけられる
  • 楽天ユーザーには、グループ内での相互利用が便利な為おすすめのサービスになる
Telink
  • かけた分だけ料金がかかるプランとかけ放題プランがある
  • 国内のアクセスポイントを使って海外へ電話を繋ぐ
  • かけ放題に含まれる国は30カ国
  • かける国によって料金は変わるが約¥13/1分でかけられる国は28カ国
TOHO無料国際電話
  • ナビダイヤル(0570)を使って国際電話をかける方法のサービス
  • 携帯電話からかける場合は、国内通話料金として¥10/26秒(税別)だけで16カ国への国際電話が無料
  • 固定電話からかける場合は、各アクセス番号までの国内通話料金だけで44カ国への国際電話が無料
  • 相手が出なくても0570に繋がった時点で国内通話料が発生してしまう

昔は、国際電話は高い!というイメージがありましたよね。でも、携帯電話やネット環境の普及によって国際電話料金もどんどん安くなっています。

国際電話は非課税となります。ただ、利用する電話会社で国内通話料が発生する場合は、国内通話料に消費税がかかります。

格安で国際電話がかけられるおすすめのサービスを紹介しましたが、かける国によって料金が変わるので、詳しい料金は各会社のホームページでご覧下さい!

(+81)(電話番号)を使わなくても、LINEやSkypeで無料通話が出来る時代です!海外の家族やお友達とも、気軽に連絡を取る事ができますね♪

 

 

まとめ

  • 81は日本の国番号で電話番号の前につける
  • 海外とのやり取りをする場合に81は必要
  • 81をつける時には電話番号の0を抜く
  • 携帯電話から簡単に国際電話が出来る
  • 国際電話は格安でかける事が出来る

よく見かけるようになった+81は、日本の国番号で海外のやり取りをする時に使用できる電話番号です。

国際電話を利用する以外でも、世界を繋ぐSNSが当たり前になった今では使う場面が増えています!

正しい書き方を知っておけば、自分の世界もどんどん広がりますね♪また、仕事や留学で海外に行っている家族や友達とも、気軽に連絡が取れます。

世界とのコミュニケーションツールには欠かせない(81)(電話番号)を、この機会に知っておけば絶対に役立ちますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました