ダイソーの筋トレグッズが優秀!!最強コスパでお家ダイエットも!? | 暮らしぷらす

ダイソーの筋トレグッズが優秀!!最強コスパでお家ダイエットも!?

100均

皆さんは、お家時間をどのように過ごしていますか?なかなか外出できずにいると、減ってしまう運動量、増えてしまう体重…。

ゆっくりする時間も大切ですが、健康のために適度な運動を取り入れたいですよね。

そんなときに便利なのが、筋トレグッズです。今、健康的にダイエットもできる筋トレが大人気なんです♪

でも、筋トレグッズって高価なイメージがありませんか?ジムに通うほど高くはなくても、ちゃんとした道具を揃えると数千円〜数万円になることも。

「続くかどうかわからないし、そんなにお金はかけられない!」という方、お近くのダイソーをのぞいてみてください。

ダイソーには安い筋トレグッズが豊富に揃っているんです!

今回、コスパ最強のダイソー筋トレグッズを徹底リサーチ。筋トレレベル別におすすめアイテムをご紹介します!!

 

 

ダイソーの筋トレコーナーでまず選ぶのはこれ!!初級編

今から筋トレを始めようとしている方や日頃から運動をしていない方は、何から手をつければ良いのか迷いますよね。

体を動かすことが少ないのに、いきなり筋トレはハードルが高い…。そんな方には筋トレコーナーで見つけたストレッチグッズがおすすめです!!

「ストレッチで筋トレになるの?」と思った方、その疑問は大正解です。実は、筋トレとストレッチは全くの別物。

筋トレは「筋肉量を増やす」のが目的ですが、ストレッチは「筋肉や関節を伸ばす」のが目的です。体を動かすのは同じですが、目的は全く違うんですね。

筋肉量が増えると代謝も上がるので、ダイエットにも有効なのは筋トレになります。

でも、運動をしていない体にいきなり筋トレで負荷をかけてしまうと、筋肉や関節を痛めてしまう可能性があるんです!!

そのため、まずは体を動かす習慣をつけること、つまりストレッチなどで体をほぐすことが「筋トレ初級編」となります。

いきなりキツい筋トレを始めても続かなければ意味がない!!まずは今からご紹介するグッズを、ダイソー筋トレコーナーでチェックしてみてくださいね♪

 

ストレッチゴム

「まずは手軽に始めたい!」という方におすすめなのが、ダイソーストレッチゴムです。

スマホやパソコンと向き合いっぱなしで肩こりがひどかったり、猫背になっていたりしませんか?家事や育児をしていても、前のめりな姿勢になりがちですよね。

ストレッチゴムは、上半身ストレッチをするための筋トレグッズ。座ったままでもできるので、今から筋トレを始めようとしている方にぴったりです。

使い方は簡単で、背中側に手をまわし、ゴムの両端を両手で持って伸ばすだけ。背伸びをするような感覚でできるので、作業の合間でも手軽にストレッチできますよ♪

このストレッチで、肩こりがなおったという声も!!価格は220円(税込)で、コスパもばっちりです。

 

エクササイズストレッチャー

上半身だけでなく、全身のストレッチをしたい方には、8の字型エクササイズストレッチャーがおすすめです。

ストレッチゴムと同様、ゴムを伸ばしてストレッチする筋トレグッズですが、8の字型になっているためいろいろな部位に使うことができます。

例えば、女性なら誰でも気になる二の腕やおなかまわり、脚(あし)のエクササイズなどを簡単にすることができるんです♪

商品パッケージの裏面には、イラスト付きでシェイプ方法が書いてあり、わかりやすく説明がされています。紹介されているシェイプ方法は次の4つ。

一つ目は「二の腕シェイプ法」で、足に片方のチューブを引っ掛けた状態で立ち、もう片方のチューブを手で持ちます。その後、肘を支点にして後方へ持ち上げ伸ばします。

二つ目は「おなかまわりのシェイプ法」。立った状態で片方のチューブを足で踏み、もう片方のチューブを持ちながら上半身を横に傾けて伸ばし、ゆっくりと戻します。

三つ目と四つ目は脚部(きゃくぶ)シェイプ法。座った状態で足を曲げ伸ばしする方法と、横向きに寝た状態で足に引っ掛けたチューブを伸ばす方法が紹介されています。

チューブそのものも硬くなく、初心者向けの商品。110円(税込)で全身のストレッチができるのは嬉しいですね。

 

エクササイズリング

ダイソーエクササイズリングは、直径38.5cmの伸び縮みする輪っか。リングを押したり引っ張ったりすることで、簡単にエクササイズをすることができます。

実はリング形の筋トレグッズは、普通に購入すると税込2,000〜3,000円ほどするんです。ダイソーでの販売価格は440円(税込)なので、かなりお買い得です!!

また、このリングひとつで様々な部位の筋トレに使うことができます。パッケージの裏面に紹介されているのは次の3種類。

  • 内ももの引き締め
  • バストアップと二の腕および背中の引き締め
  • 腹筋運動と二の腕および背中の引き締め

内ももは自分で筋トレしにくい部分ですが、このリングを使うと簡単です♪二の腕引き締めやバストアップなど、女性にとって嬉しい効果ばかりですね。

リングは適度な硬さで伸び縮みするので、あまり体に負荷をかけたくない女性におすすめ。力のある男性は、物足りなく感じるかもしれないので注意してください。

 

フィットネスボール

「バランスボール」って一時期流行しましたよね。実は、お家時間が増えた今、再び注目を浴びているんです!!

その名の通り、上に座りながらバランスをとることで体幹が鍛(きた)えられるバランスボール。ダイソーでは、「フィットネスボール」という商品名で販売されています。

ところで、「体幹を鍛える」ことのメリットをご存知ですか??体幹を鍛えることで、筋肉のバランスを整え、体全体を安定した状態にすることができます。

さらに、体の深い部分にある筋肉(インナーマッスル)が鍛えられることで姿勢が良くなり、肩こり・腰痛の防止や代謝アップにもつながるんですよ♪

そんな体幹トレーニングが簡単にできるフィットネスボールは、筋トレ初心者必見です。

サイズは【26cm】の小さめサイズと、【約55cm】の大きめサイズがあり、使い方に合わせて選ぶことができます。

それぞれ110円(税込)、550円(税込)とプチプラなので、両方揃えても良いですね♪

ちなみに、大きめサイズのフィットネスボールは身長に合ったサイズを選ぶと効果的だそうです。

ボールのサイズ 身長
55cm 140〜155cm
65cm 155〜175cm
75cm 175cm以上

表によると、ダイソーの大きいフィットネスボールは140〜155cmの方向け。それより高身長の方は、効果に物足りなさを感じるかもしれません。

適切なサイズのフィットネスボールを選べば、軽めの体幹トレーニングからキツめの筋トレまで、重宝しそうです。

自分の筋トレレベルに合わせて、ずっと使うことができますよ。

また、フィットネスボールを買う方は、空気入れも同時に準備してくださいね。もちろんダイソーで購入することができますよ♪

ところで、フィットネスボールは欲しいけど「収納場所がない」と思っている方、いらっしゃいませんか?

実は、お部屋の意外な部分を利用して、フィットネスボールの収納ができるんです。

それが、「天井」です!!フィットネスボールはゴム製ですべりにくい素材。天井の角にグッと押し当てるだけで、吸い付いたように落ちてこなくなります。

天井なら、大きいフィットネスボールでも、場所を取らずに収納できますね♪

ただし、フィットネスボールは徐々に空気が抜けていくので、念のため収納下には壊れやすいものを置かないようにしましょう。

どうしても落ちてきそうな場合は、突っ張り棒を上手く利用すると天井近くに収納することができますよ♪

 

ヨガマット

「健康的な運動」と聞いて、ヨガを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。自分の体ひとつで始めることができるので、初心者でも挑戦しやすいですよね。

ヨガをする時に唯一必要なアイテムが、「ヨガマット」です。「なくてもできるんじゃないの?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大事な役割があるんですよ。

ヨガマットの役割

  • 硬い床から身を守る
  • クッション性や摩擦(まさつ)によりポーズをとりやすくする
  • マットを敷くことで気持ちの切り替えになる

ヨガをするためだけでなく、お家で筋トレをする時に敷いても良いですね。ダンベルなど硬いものから床を守ってくれますよ。

ダイソーの筋トレコーナーには、3種類のヨガマットが販売されています。

いちばん大きいサイズ【172cm×61cm×0.6cm】でも660円(税込)なので、手軽に購入することができますよ♪

 

 

ダイソーの筋トレダンベルがおすすめ!!中級編

初級編で体を動かす習慣がついてきたら、次は筋トレ中級編です。筋肉に少しずつ負荷をかけていきましょう!!

お家でも効率よく筋トレするアイテムとして、最初におすすめするのがダンベルです。

トレーニング方法次第では、ジムに通っているのと同じくらい効果を得ることができますよ。

重さがあり一見高価そうなダンベルですが、ダイソーでも購入することができます♪種類も豊富なので、あなたに合ったダンベルが見つかるかも!?

 

ダンベル

ダイソーのダンベルは重さが250g、1000g、2000gの3種類あり、それぞれ110円(税込)、330円(税込)、550円(税込)です。

グリップはフィット感が良く、力を入れやすい作りになっていて初心者にもおすすめです。また、床に傷がつきにくいように作られているので安心ですね。

シェイプアップが目的の方や、使い慣れていない方は軽めのものから使っていくと良いですよ。

本格的にトレーニングを始める時に選ぶダンベルの重さは、初心者の男性で5kg〜10kg、女性で2〜3kgです。女性なら、ダイソーのダンベルでも十分筋トレできそうですね。

 

ウォーターダンベル

ダイソーで売り切れ続出なのが、ウォーターダンベル110円(税込)です。グリップ両端の容器に水を入れると、最大1kgの重さになります。

人気の秘密は、その使い勝手の良さ。重たいダンベルは扱いに困りますが、ウォーターダンベル購入時は水が入っていないので、軽い状態で持ち帰ることができます。

また、最大1kgの重さになりますが、水の量によって重さを調整することができます。最初は軽めにして、徐々に水を増やして重くすることもできるんです♪

お家にダンベルを何種類も置いておかなくて良いので、かなりの省スペース。お家で筋トレする方は要チェックです!!

 

PETボトルプラダンベル

ウォーターダンベルよりもさらに省スペースなダンベルが「PETボトルプラダンベル」です。名前だけ聞いてもピンとこないですが、ものすごいアイディア商品なんです!!

その商品がこちら。グリップだけのような形で売られているのですが、一体どのように使うのでしょうか?

引用 ダイソーネットストア

実は、グリップ両端がペットボトルキャップの形をしていて、それぞれにペットボトルを装着できるようになっているんです!!

つまり、ペットボトルの中に好きなだけ水を入れることで、重さを自由自在に調整することができます。

ペットボトルは、キャップ径さえ合えば500ミリリットルから2リットルまで幅広く装着することができます。

2リットルのペットボトルを装着すれば、両手2個分で最大8kg!!かなりの負荷がかけられますので、男性にもおすすめです。

また、使わない時はペットボトルを外せるので、軽くて省スペースなのも嬉しいですね。

価格は110円(税込)なので、筋トレが順調に進み、軽いダンベルで物足りなくなってきた方は、ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

ダイソー筋トレグッズの効果は期待できる!!上級編

ダンベルで少しずつ筋トレができてきたら、いよいよ筋トレ上級編です。しっかりと筋肉に負荷をかける、本格的な筋トレを実践してみましょう!!

ここでは筋トレ上級者も認める、筋トレ効果ばつぐんのダイソーグッズを紹介していきます♪

 

プッシュアップバー

筋トレをするにあたって、避けられないと言っても良いくらいメジャーなのが「腕立て伏せ」。

床に手をついた状態でもできますが、筋トレ上級者はプッシュアップバーというグッズを使うことが多いです。

その理由はもちろん、筋トレ効果がアップするからです。床に手をついていると、腕立て伏せをしても手より下に胸が下がることはありませんよね。

プッシュアップバーで手の高さを上げると、手の下まで胸が下がるようになるので、筋トレの効果を上げることができるんです!!

また、床に手をついて腕立て伏せをすると手首に負担がかかりますが、プッシュアップバーを使うことで負担を軽減させることができます。

このプッシュアップバー、買うと数千円することもありますが、ダイソーでは330円(税込)で販売されています!!

「そんなに安くて大丈夫!?」と思いましたが、調べてみると筋トレ上級者にも好評。使い方次第ではジムに通うのと同じぐらいの効果が期待できるそうです!!

ただし、筋トレ効果を上げられる分、普通の腕立て伏せより難易度も上がります。いきなりチャレンジして体を痛めないように注意してくださいね。

プッシュアップバーを使った腕立て伏せのポイントは、体をまっすぐにした状態で、腕をゆっくりと曲げて胸を床に近づけること。

どうしてもきつい方は、膝をついてやっても効果があるそうです。自分のレベルに合わせて、少しずつ進めていってくださいね♪

 

腹筋ローラー

筋トレを始めようとする多くの人が憧れる、引き締まったおなか。腹筋を効率よく鍛えるために検討したい筋トレグッズが、腹筋ローラーです。

腹筋ローラーとは、タイヤ状のローラー両端にグリップが付いていて、グリップを持ちながら床でローラーを転がすことで腹筋を鍛える器具です。

ジムでも導入されていますが、広いスペースが必要なトレーニングではないので、お家でも簡単に使うことができます。

ダイソーでは、腹筋ローラーを330円(税込)という低価格で購入することができます。本格的な筋トレグッズを低価格で買えるのが嬉しいですね♪

使い方は、パッケージ裏面にわかりやすく書いてあります。初心者と上級者でトレーニング方法が違うので、特に初心者は説明をしっかり読んでから使いましょう。

初心者はまず「膝コロ」と呼ばれるトレーニング法から始めます。膝をついた状態でローラーを床につけ、体に近い距離からコロコロと転がします。

慣れてきたら体がまっすぐになるように、少しずつ負荷をかけていきます。常におなかを意識し、起き上がる時は背中を丸めるようにするのがポイントです。

上級者になると「立ちコロ」と呼ばれる方法にレベルアップ。立った状態からローラーを転がしていきます。ローラーを遠くに転がすほど難易度が上がっていきます。

初心者がいきなり上級者向けトレーニングをすると、筋肉を痛めてしまうことに…。私の知人も無理をして腰痛もちになっていましたので、皆さんもご注意ください!!

正しく使えば、効率的に腹筋を鍛えることができるので、筋トレをステップアップさせたい方はぜひ検討してみてくださいね。

ローラーで床を傷つけないか心配な方は、ヨガマットを使うと安心ですよ♪

 

 

まとめ

  • 体を動かす習慣をつけたい筋トレ初心者には、ダイソーのストレッチグッズがおすすめ
  • ダイソーのダンベルは種類が豊富で、最大4kgの重さになるPETボトルプラダンベルがある
  • ダイソーには筋トレ上級者向けのグッズもあり、本格的な筋トレができる

外出する時間が減ると、ついついお家でゆっくりしてしまいますよね。でも、健康を保つには適度な運動が必要不可欠です。

筋トレ未経験で長続きするか心配な方も、ダイソーの筋トレグッズを使えば、低コストで高効率の筋トレをすることができますよ♪

少しでも筋トレに興味をもったら、まずはダイソーへ。体を動かすストレッチから始めてみませんか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました