ドジョウの寿命はどのくらいなの?長生きできる飼育方法をご紹介! | 暮らしぷらす

ドジョウの寿命はどのくらいなの?長生きできる飼育方法をご紹介!

暮らし

私は子供のころ、自然と友達だったので田んぼや横にある水路などで見つけていた、ドジョウ。

ドジョウは、コイの仲間で長い体に小さなひげが生えている淡水魚です。

そんなドジョウが家で飼育できること知っていますか?ドジョウって飼うものなの?と驚いたのですが、寿命も長くとても人気があるみたいです。

ドジョウをよーく見ると、愛嬌(あいきょう)ある顔をしていて、ニョロニョロ動く姿がかわいいのです♪

そんなドジョウが飼育できて、いつでも見ることができたら癒されること間違いなし!

しかし、ドジョウって「寿命はどのくらい?」「どのくらい大きくなるの?」と、知らないことばかり!

飼おうと思っている方は、寿命や飼育方法を知ってしっかり育ててあげましょう!

 

 

ドジョウの寿命は平均どのくらい?

ドジョウは日本全国の田んぼ・川・池・沼などに生息しています。

体が丈夫で飼育しやすく、えら呼吸だけでなく酸素が少なくなってくると水面に上がって、腸で空気呼吸をします。

一定の間隔で息継ぎするため水面に上がってきて、外に口を出して空気を吸い込み、また水中に潜っていくのです。

たまに、水面に口だけが見えて「あっ!なんかいる!!」っていう時ありませんか?あれは、ドジョウだったのかもしれません!!

口の周りにあるヒゲは、対(つい)になっていて10本あります。そのヒゲは、物を探ったり味やにおいを感じたりすることができるのです。

また、ドジョウはたくさんの種類がいることを知っていますか。生息地や環境によって種類が違うようです。

ドジョウは大きく分けて6種類、ポピュラーなものだけでも13種類。ということは、それ以上の種類がいます。

そんなにたくさんの種類がいること知りませんでした。ドジョウは1種類と思っていたので驚きです(笑)

そんな、ドジョウのことをよく知らない私と、ドジョウについて学んでいきましょう。

たくさんいる種類の中でも飼いやすいのは、マドジョウかシマドジョウです。初めて買う方は、初期費用がかからず飼育が簡単なこの2種類がおすすめ。

その他の種類は高水温に弱いので、飼育するなら水槽用クーラーが必要になります。ドジョウ飼育初心者には難易度が高いですね。

 

ドジョウの平均寿命

ドジョウを飼おうと思ったら、まずはドジョウのことをよく知ってあげましょう。

ドジョウってどのくらい生きられるか知っていますか?私は考えたこともないのですが、幼いころに飼っていた金魚と同じ、3年くらいかな?と、予想しました。

個体差や環境などで寿命の違いはあるようなのですが、平均5~10年生きると言われています。予想をはるかに上回りました!さすが、丈夫なドジョウだけありますね。

自然のドジョウが死んでしまう理由のほとんどは、食べられてしまうからです。

ドジョウは田んぼの水がなくなったり寒い冬になったりすると、泥の深くまで潜り込んで生き延びるのです。

泥をうまく利用して生きているのですね。生命力の強さを感じます!そのため、5年以上生きるものがほとんど。

自然環境のほうが過酷なので飼育されるドジョウは、水槽管理をしっかりしていれば10年を超えることもあるそうです。

水槽環境に左右されるので、寿命が平均5~10年と幅が広くなってしまうのです。

 

ドジョウの飼育方法

ドジョウを飼う場合、水槽はどのようにセットして飼育したほうがいいのでしょうか。

田んぼや池などで生活するドジョウの水槽は、特別なものはいりません。

背が高めの水槽に、木や田んぼの土を敷き詰めます。水を入れて浮草のようなものを浮かべて完成♪簡単ですね。

田んぼの土などが手に入りにくい場合は、水槽用の川砂や田砂(たずな)が売っているので探してみてください。

田砂というのは、田んぼの粘土質を取りのぞいた砂利だけをあつめた砂のことです。

水槽の中は、田んぼのような状態にセットすれば、ドジョウにとって最適でとても過ごしやすい状態です。5年以上生きること間違いなしです。

 

 

ドジョウの寿命と大きさはどのくらい?

たくさん種類がいるドジョウの中でも、代表的な6種類の寿命と大きさをご紹介します。

種類 大きさ 寿命
マドジョウ 15㎝~20㎝ 5年~8年
シマドジョウ 6㎝~20㎝ 2年~4年
ヒドジョウ 15㎝~20㎝ 2年~6年
スジシマドジョウ 6㎝~20㎝ 1年~6年
ホトケドジョウ 7㎝ 2年~4年
イシドジョウ 5~7㎝ 8年~10年

マドジョウ

日本でドジョウといえば、マドジョウ。育った環境で体の色が少し違いますが、水田や水路で見つけたドジョウのほとんどがマドジョウですよ。

食用のお話するのはかわいそうですが、私たちが食べるドジョウといえば、マドジョウなのです。

ドジョウはウナギに匹敵するくらい、栄養価が高い食べ物。

栄養価が高いことから、かつては身近にあり一般家庭の食卓でも並んでいたようですが、今ではあまりなじみがありませんね。

水田や水路が減ってきているからなのでしょうか、マドジョウは減少傾向なのです。

ごくまれに、30㎝近くのマドジョウも発見されることがあります。うなぎかドジョウか分からないくらいの、大きさですよね。

ヒドジョウ

マドジョウと同じ種類のドジョウが、ヒドジョウ。見た目はオレンジ色をしていて、ドジョウといわれなければ分からないくらいです。

突然変異により色素が減って生まれてきて、オレンジ色になったようです。

見た目が鮮やかなので観賞魚として、とても人気があります。水槽をパッと明るくしてくれますよ。

シマドジョウ

住んでいる地域によって模様・大きさ・色が違います。たとえば、琵琶湖に住んでいるシマドジョウは大型、四国にいるのは中型、東海地方は小型。

このように、大きさが違うためシマドジョウでも、別の種類として扱われているようです。

同じシマドジョウでも、住んでいる場所で大きさなどが違うのは、面白いですよね。そのため、見分けることが難しい場合もあります。

基本は、体の横側に黒い斑点が2本並び、遠くから見たときはしま模様に見えるので、シマドジョウと呼ばれています。

スジシマドジョウ

体の横側に黒いラインがあり、シマドジョウよりもはっきりしています。比較的暖かい地域に生息しています。

ホトケドジョウ

ドジョウの中でも少し小さい種類です。性格はおとなしく優しい顔つきから飼育にとても人気があります。

おとなしい性格なのですが、他のドジョウより肉食性が強いので飼育する際は、他の魚と混泳に注意しましょう。

成長しても7㎝くらいとそこまで大きくならないので、大きな水槽を準備しなくていいので飼育しやすいですよ。

ドジョウを飼う初心者は、大きな水槽に手こずってしまいそうなのでうれしいですね。

イシドジョウ

四国で生息している、イシドジョウ。水流が強い場所や岩の間に生息していて、石のような姿をしているため、イシドジョウといいます。

ドジョウといえば、尻びれから後ろが細くなるのですが、イシドジョウはずんどう型な姿が特徴です。

今回ご紹介した6種類の中で5㎝~7㎝と小さく、寿命が8年~10年と一番長いです。

小さくて寿命が長いので、飼育しやすそうに感じますが、イシドジョウは高温に弱いので夏場は水槽用クーラーが必須になります。初心者にはむずかしく感じるかもしれません。

 

 

ドジョウの寿命で混泳はできる?

種類別の寿命と大きさが分かったので、ドジョウは混泳(こんえい)できるのかご紹介していきます。混泳とは、水槽で違う種類の魚を飼うことです。

結果は、混泳できます。混泳に向いていないドジョウもいて、寿命を短くしてしまう場合があるので、詳しくご説明していきます。

ドジョウは水槽の中で底いところに生活します。砂の中に食べ残してある餌やコケ、水草の傷んでいるところを食べてくれるのです。

そのため、ドジョウをクリーニングフィッシュとして飼育する方が多いです。水槽の中にドジョウがいると、掃除の回数が少なくてよさそうですね。

かわいくて癒されるうえに、水槽をきれいに掃除してくれるなんてうれしいですね♪

ドジョウの寿命と大きさでも少し説明していますが、混泳しやすいドジョウは「マドジョウ」と「シマドジョウ」です。

しかし、「ホトケドジョウ」は他のドジョウと比べると大きくならないけれど、肉食性があるので混泳は難しいのです。

ドジョウは全て同じ性格と思わずに、種類別の性格を理解したうえで混泳させなければ、水槽の中でケンカしてしまい、ストレスがかかり寿命を短くしてしまうことになります。

では、ドジョウがどの魚と相性がいいのか、確認していきましょう。

めだかと混泳

めだかもドジョウと同じく、温度管理をしなくていいので、飼育初心者に向いている魚です。

ドジョウは水槽の底で暮らすのに比べて、めだかは水面近くで暮らします。そのため、お互いに干渉しないという理由で、混泳しやすいです。

ドジョウは水槽の水が汚れていても適応力があり暮らせます。

しかし、めだかはきれいな水が好きなので、ドジョウに合わせて飼育すると、めだかに負担がかかってしまいます。

めだかのためには、適度に水槽の水かえをしてあげましょう。

金魚と混泳

金魚といえば、おまつりで金魚すくいがあるほど、私たちに身近な魚。

そのため、金魚を飼っていたことがある方や飼っている方は、めだかと同じくらい多いのではないでしょうか。

私も子供のころ、金魚すくいをして飼った経験があります。

種類にもよりますが、水温チェックが必要なく酸素を水槽に入れておくだけなので、簡単に飼育できます。

私が飼っていた金魚は、オレンジと赤色をしていてヒラヒラおよぐ姿が、いつまでも見ていられるくらい、かわいかったのを覚えています。

金魚もめだかと同じで、水槽の水面や中層で暮らします。ドジョウは水槽の底で暮らすのでお互いに干渉しないため、混泳に向いています。

しかし、金魚がドジョウをつついてしまうケースがあるようです。ドジョウにストレスがかかってしまい、寿命を短くしてしまうことがあるので注意が必要。

頻繁(ひんぱん)につついているようであれば、混泳はせずに水槽を分けてあげましょう。

金魚と混泳する場合は「和金」という種類が、泳ぐのが上手で混泳に向いていますよ。

ミナミヌマエビと混泳

ミナミヌマエビを知っていますか?アクアショップなどに行く方は、ピンとくると思います。

体長1㎝くらいで水槽底の石や水草を、ゆっくり歩くエビです。

私はお店で見たことがあるのですが、小さい体でゆっくり歩く姿がとてもかわいくて、飼ってみたいと思っています。

ゆっくりゆっくり歩くのでずっと見ていられるのです。たまに、ピューと泳ぎ出す姿もかわいいです。

ミナミヌマエビもドジョウも水槽底で暮らすので、混泳には向いていない気がしますよね。

しかし、お互い混泳できる生き物なのです。ミナミヌマエビは水槽底だけでなく、中層~上層も自由に動き回るので、ドジョウとケンカになることはありません。

気になるようだったら、流木・水草・石・土管のような隠れ家になるものを入れてあげておくと、お互いストレスなく暮らせます。

 

 

まとめ

  • ドジョウの寿命は、5年~10年と種類や飼育環境によって違う
  • 飼育する場合は、水槽環境で寿命を短くしてしまう場合がある
  • ドジョウの大きさは、5㎝~20㎝で種類によって違う
  • ドジョウは、メダカ・金魚・ミナミヌマエビと混泳できる
  • ホトケドジョウは肉食性があるので、混泳に向いていない
  • ドジョウは水槽の中をキレイにしてくれるクリーニングフィッシュ

ドジョウは丈夫な生き物で、飼育するのは比較的簡単だということが分かりましたね。

しかし、簡単と言っても生き物なので大切に飼育しなければ、寿命を短くしてしまいます。

混泳する時は、種類によって性格が違うので確認してからにしましょう。

暮らしの中にドジョウがいると、愛嬌ある顔があなたに安らぎを与えてくれるはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました