ダイソーのヘアオイルが超優秀!成分の検証と実際に使ってみた感想 | 暮らしぷらす

ダイソーのヘアオイルが超優秀!成分の検証と実際に使ってみた感想

100均

皆さんは普段お風呂上がりや朝のスタイリングなどにヘアオイルを使っていますか?

私は1~2ヶ月に1本は使い切ってしまうほど、かなりの頻度で使用しています。

価格はドラッグストアは1本あたり1500~3000円程で、サロンで取り扱っているような商品は5000円以上と様々です。

毎日使うものなので、安くて質の良いヘアオイルが購入できればと思っていました。

そんな中、ダイソーでヘアオイルが発売されているとの情報を聞きました。

ダイソーといえばキッチン用品やインテリア雑貨のイメージが多く、化粧品などの美容グッズは安かろう悪かろうではありませんが、購入したことはありませんでした。

ダイソーで手に入るヘアオイルは本当に使う価値はあるのか、実際に購入して検証してみました。

 

 

ダイソーのヘアオイルはコスパ最強!

ヘアオイル

今回ダイソーで見つけた商品は「ヘアオイル(15ml入り)」です。

私は近所のダイソーを2件周り、青の「フローラルムスク」緑の「グリーンフローラル」を見つけたので購入してみました。

それ以外に、香りは全部で下記の5種類が発売されているそうです。

  • フローラルムスク
  • グリーンフローラル
  • ベビーフローラル
  • ローズブーケ
  • バニラムスク

ダイソーというと安さ故に海外製の商品だと思っていたのですが、こちらのヘアオイルは5種類全て日本製でした。

化粧品やヘアオイルは直接肌に触れるものなので、日本製だと安心感があります。

また、15ml入りととてもコンパクトで化粧ポーチにすんなり入るサイズ感の為、旅行や通勤・通学の携帯用として重宝しそうです。

化粧品と違い、ヘアオイルは携帯用サイズがあまり販売されていなかったので、このサイズで商品展開がされているのはとても嬉しいです。

 

 

ダイソーのヘアオイルの香りや質感は?実際に使ってみた感想

ヘアオイル

ダイソーで購入したヘアオイルを、下記の3つのシチュエーションで実際に使用してみました。

今回の検証では「グリーンフローラル」の香りを使用しました。

あくまで個人の感想なので、参考程度にご覧下さい。

 

お風呂上がりのブロー前の濡れた状態の髪

ヘアオイルを手に取ってみると、さらっとした質感でオイル特有の嫌なベタつきがありません。

香りは思っていたよりも強くはなく、つけるとほんのり香る程度です。

私は肩につく程度のミディアムヘアなので、少し控えめに3〜4滴ほど使用してみました。

頭皮につけるとトップのボリュームが落ちてしまうかなと思い、根元を避けた毛先のみに使用しました。

そのままブローをしてみると、思ったより毛先が上手くまとまりませんでした。

塗った直後のしっとり感がなくなってしまったように感じたので、ブロー前の濡れた髪に使用する場合は少し多めにヘアオイルをつけてみても良いと思いました。

 

ブロー後の乾いた髪

次に、ブロー後の乾いた髪に①と同様3〜4滴を使用しました。

毛先はどうしても痛みがちなのでブロー後はいつもパサつきが目立つのが悩みでした。

ダイソーのヘアオイルをつけた後はいつもより毛先の収まりが良く、しっとりとまとまりました。

私は夜寝る前にお風呂に入るので、布団に入ってからもラベンダーやローズマリーの精油が毛先からほんのりと香り、とても癒されました。

強い香りではないので、香料が苦手な方も取り入れやすいと思います。

 

朝のスタイリング剤として

最後に、朝のセット後にスタイリング剤として使用してみました。

私はワンカールや、細めのコテでゆる巻きのパーマ風にセットすることが多いので、

普段は硬めの質感のワックスやセラム系のスタイリング剤を使用しています。

今回はゆる巻きのセットをした後にダイソーのヘアオイルをつけてみました。

固めすぎず自然な感じで毛先にまとまりを与え、モードな印象にスタイリングが出来ました。

スタイリングに使用する時は、水のようにさらっとした質感が最大限に生かされて良かったです。

 

 

ダイソーのヘアオイルの成分は?安くても安心?

クエスチョン

私は化粧品やヘアオイルはなるべく無添加やオーガニックなど成分を重視して選び、お金をかけて上質なものを買うように心がけてきました。

しかし、今回の検証でダイソー商品を使ってみると想像以上に高品質で、もしも成分も本当に優秀ならば今後の生活に取り入れていきたいと思います。

ダイソーのヘアオイルの成分について、より詳しく調べてみました。

 

ダイソーヘアオイルの成分

ミネラルオイル、パルミチン酸イソプロビル、パンテノール、加水分解ケラチン(羊毛)

シア脂、ホホバ種子脂、エチルヘキシルグリセリン、香料、水、テトラオレイン酸ソルベス-30、BG

ミネラルオイル、シア脂、ホホバ種子脂等は、皆さんもなんとなく効果の予想がつくかと思います。

今回はあまり聞き慣れない3つの成分に注目しました。

①パルミチン酸イソプロビル

  • 皮膚からの水分の蒸散を防止し潤いを保つ効果(エモリエント作用)がある
  • 粘り気が低く油性感が少なく、さっぱりした軽い感触を与える

よくオイル製品のベースとして使われているそうで、ダイソーのヘアオイルがさらっとしたテクスチャーなのも納得できます。

②パンテノール

  • ビタミンB群の1種で、肌や髪の毛への作用が確認されている
  • 主に水分を補給し肌や髪の毛の弾力を高める効果がある
  • 乾き目や疲れ目用の目薬の有効成分としても使用されている

パンテノールに似た名前の有名なシャンプーが発売されており、この成分に関しては効果の想像がしやすいのではないかと思います。

③加水分解ケラチン(羊毛)

  • 髪の毛の保湿、補修作用
  • 髪にハリやコシを与え、まとまりを持たせる
  • 速乾作用

この成分は髪の毛と非常によく似ているため浸透しやすく水分を保持する役割があります。

美容室やドラッグストアで販売されている商品の中でもよく使われている成分でした。

今回調べてみて、ダイソーのヘアオイルには防腐剤など製品の保護のために多少使用されてはいるものの、アレルギー性の高い毒性のものは使用されておらず、安心して使用出来そうだということが分かりました。

製品の裏面にも使用上のトラブルに関する注意書きが記載されていますが、まずは少量を使用してみて自分に合うかどうか確認してみることをお勧めします。

シア脂やホホバ種子脂など植物由来の脂が配合されているので、ヘアオイルとしてだけでなく、手や爪の保湿効果も期待できそうです。

 

 

まとめ

ヘアオイル

  • 1本110円(税込)で日本製の商品
  • 15ml入りで化粧ポーチに入るコンパクトサイズ
  • 香りはフローラルムスク、グリーンフローラル、ベビーフローラル、ローズブーケ、バニラムスクの5つ
  • さらっとしたテクスチャーでオイル特有のベタつきがない
  • 濡れた髪に使用する際は多めにつけると良い
  • ブロー後の乾いた髪に使用するとしっとりまとまる
  • 香りが強すぎず、ほんのり香る程度
  • スタイリング剤としても使いやすい
  • アレルギー性の高い成分は使用されておらず、安心して使用できる
  • 植物性の油が配合されているので手や爪の保湿としても効果が期待できる

キッチン用品やインテリア雑貨だけでなく、美容関連商品もここまでハイクオリティのものがダイソーから販売されているとは、正直驚きでした。

実際に試してみて、個人的にはスタイリング剤として取り入れるのが一番良いと感じました。

保湿力や補修力はやはりブランド物に比べると少し劣りますが、携帯に便利なサイズで化粧ポーチに入れておけば出先でのお直しなどで使うことも可能です。

自宅で使用しているメインのヘアオイルのサブとして取り入れるには、十分優秀な商品だということが分かりました。

使用感や香りについては好みや体質も大きく関わってくると思いますので、まずはダイソーに足を運んでぜひ1本試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました