コンビニのモンブランは選ぶのが大変!?お手ごろ価格のプチごほうび! | 暮らしぷらす

コンビニのモンブランは選ぶのが大変!?お手ごろ価格のプチごほうび!

コンビニ

誕生日などのイベントが近付くと、いろんな種類のケーキに目がいってしまいますよね。

我が家は夫婦そろってモンブランが大好きなのですが、栗を使ったスイーツってお高いイメージはありませんか?

私は昨年、人生で初めて栗拾いをして、生栗の調理も経験しました。拾ってから食べられる状態にするまで、その大変なこと…。

そんな扱いが難しい栗を使ったモンブラン。お高いのはしょうがないですよね。

しかし、今はコンビニでとてもおいしいモンブランを買うことができるのです!

しかもお手ごろ価格なので、自分へのプチごほうびやちょっとした手土産にもぴったり♪

コンビニのモンブランは種類やバリエーションが豊富なので、選ぶのも迷っちゃいそう。今回はコンビニのモンブランについてご紹介します。

 

 

コンビニのモンブラン2021

コンビニではその季節に合わせた商品が次々と発売されます。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどは毎週火曜日に新商品が発売されています!

コンビニへ行くたびに目新しい商品を見つけて楽しくなるのも納得ですね♪

2021年もその季節に合ったモンブランがたくさん発売されました。

毎年同じ時期に販売されている商品も、リニューアルされて店頭に並んでいます!「去年食べたからいいや」なんて食べないのは、もったいないのです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3社が2021年に発売したモンブランの一部をご紹介します♪

イタリア栗の濃厚モンブラン(セブンイレブン、税込み300円)

こちらはカップに入ったタイプのモンブランで、マロンムース、スポンジ、ホイップクリーム、マロンペーストが層になっています。

カップは透明なので、おいしそうなクリームが重なっている様子を横から見ることができます。

「濃厚」という言葉通り濃い茶色いクリームから栗の味がイメージされ、思わず食べたくなってしまいます。

王道のモンブランですが、カップに入っていることが食べやすそうで嬉しいポイント。ケーキが倒れる心配をしなくていいのです!

上からスプーンを入れて下のクリームまですくうと、違う味と触感を一緒に楽しむことができます。

口の中に栗がふんわりと広がって、幸せな気分になれそうですね。

北海道産かぼちゃのモンブランプリン(ファミリーマート、税込み250円)

こちらは2020年秋に発売されたファミリーマートのモンブラン。メインがかぼちゃで、透明なカップからはきいろいクリームが見えています。

4層構造になっており、上からかぼちゃのモンブランクリーム、ホイップクリーム、かぼちゃプリン、カラメルソース。

きいろい印象からかぼちゃの味を連想でき、かぼちゃ好きにはたまりません!

毎年リピーターさんも多いそうですが、実は私もこのモンブランプリンの大ファン。

なめらかな触感のクリームやプリンはとても濃厚で、口に広がるかぼちゃの優しい甘さが幸せな気持ちにしてくれます。

クリームだけで食べると、甘さが控えめな気がしました。甘すぎないおかげで、クリームとプリンを一緒に食べても重たくありません。

1番下のカラメルソースは苦さが絶妙で、クリームやプリンの甘さを引き立て役に。

重すぎないのにかぼちゃを堪能(たんのう)することができるこのモンブランプリン。リピーターさんが多いことにも納得ですね♪

栗堪能モンブラン(ローソン、税込み320円)

このモンブランは夏のモンブランとして登場したモンブランです。

夏でも楽しむことができるよう、クリームは軽やかな味わいに。甘すぎないけれど栗が堪能できるような味に仕上がっています。

カップの1番上には濃厚そうなマロンクリームがたっぷりとしぼられ、その下にはマロンホイップクリーム、マロンスポンジ、マロンバタークリームが。

1番下にはマロン風チョコでコーティングされたサクサク触感のメレンゲが入っています。

メレンゲがモンブランをより軽くしてくれ、サクサクとした違う触感がアクセントになりそうです。

普通のモンブランより生クリームの量も甘さも控えめなので、夏に楽しむにはピッタリのモンブランですね。

 

2021年のラインナップはいかがでしたか?秋の栗を使ったモンブランだけでなく、夏向けの商品や栗以外で作ったモンブランまで。

そもそもモンブランとは、土台となる生地にクリームを絞ったケーキのことです。

絞りだされたクリームが山のように見えることから、アルプス山脈の「モンブラン」がこのケーキの由来となっています。

当初のモンブランは栗のペーストに泡立てたクリームが添えられていました。

白い雪をかぶった山のように見えたことからも「アルプス山脈のモンブランみたいだ」と言われたそうです。

モンブランのクリームは栗を原料としたものが多いですが、栗以外にもさつまいもやかぼちゃで作ったモンブランも存在します。

素材やお店によって味も違うので、いろいろなモンブランを楽しむことができそうです。

ケーキの中でも特別感があるモンブラン。いろいろ食べてみたくなりますが、お値段が気になると簡単に手を出すことができません。

嬉しいことに、コンビニのモンブランはケーキ屋さんで買うよりもお手ごろ価格で楽しむことができるのです!

ケーキ屋さんのモンブランもおいしいのですが、お値段が少し高かったり、モンブラン1つだけ買うことを申し訳なく思ったりしてしまいますよね。

それだけおいしいことはわかるのですが、主婦のちょっとしたごほうびにしては手が出しにくい気もします。

でもコンビニならモンブラン1つでも気軽に買いやすく、購入できる店舗が多いというのも手に入れやすいポイント。

また、コンビニではどんどん新商品が登場するので、手土産などのマンネリ化を防ぐこともできそうです。

一口にコンビニのモンブランと言っても、いろいろな楽しみ方をすることができます。違う種類のものを食べたくなったり、別のコンビニと比較したくなったりしますね。

2022年に発売されるモンブランも楽しみです♪

 

 

 

コンビニのモンブランを比較してみた!

2021年12月。クリスマスや新年に向けて、ちょっとぜいたくなコンビニスイーツの新商品が並んでいました。

忙しいと自分にごほうびをあげたくなりますよね。頑張っている日々の中、一息ついて食べる甘いものは特においしく感じます。

今回はそんなシーズンに登場した、ちょっとぜいたくなコンビニのモンブランとコンビニスイーツの満足感を実際に比較してみました!

コンビニをまわったのですが、残念ながらローソンのモンブランには出会えず…。

セブンイレブンとファミリーマートで購入できた新商品のモンブランを実際に食べてみました!

ピスタチオモンブラン(セブンイレブン、税込み354.24円)

クリスマス前に登場したこちらのモンブラン。クリスマスツリーをモチーフにしたケーキのようです。

みどりのクリームはピスタチオクリームで、たっぷりとのっています。ピスタチオが好きな人にはたまらないビジュアルです!

土台はココアスポンジなのですが、ピスタチオクリームと土台の間にはなんとラズベリーソースが!

フォークを入れると、「え、まだスポンジにたどり着かないの?」とびっくりするくらいクリームが多かったです。

口に入れるとピスタチオの味が口いっぱいに広がり、香りは鼻から抜けていきました。

そして、隠れたラズベリーソースがいい仕事をしている!甘いクリームをラズベリーのすっぱさが引き締めてくれました。

ただケーキの半分以上がクリームだったため、私にはクリームが少し多すぎたのか、途中で重く感じてしまいました。

それでも、こんなにピスタチオをふんだんに使ったぜいたくなケーキがコンビニで買えるなんて感動です!

コーヒーなどの甘くない飲み物と一緒に、少しずつ食べるのがおすすめです。

和栗のモンブラン(ファミリーマート、税込み349円)

こちらもクリスマス前に発売されたモンブランです。見た目が王道のこのモンブランは、ケーキ屋さんに並んでいても違和感がないと思います。

モンブランクリームには和栗のペーストを使用。上品な味わいが想像されます。

土台はマドレーヌで、モンブランクリームだけでなく北海道産生クリームをブレンドしたホイップものせられています。

てっぺんにちょこんとのっている飾り用チョコレートが華やかさをプラスしてくれています♪

開けてみると、甘い栗の香りがふんわりと広がり、見た目と香りだけでも幸せな気分になることができました。

いざフォークを入れてみると、2色のクリームがたっぷり。甘さは控えめですが、栗の味がしっかりと口の中に広がります。

食べ進めていくと、中央から栗のペーストが登場!一緒に食べることで栗の風味がさらに増しました。

土台のマドレーヌはずっしりと固く、卵の風味を感じることができ、それだけで食べてもおいしかったです。

ずっしりとしたマドレーヌのおかげで、1つ食べ終えたらすごい満足感がやってきます!カップ入りのコンビニスイーツだと物足りない人におすすめです♪

今回はお一人様用ケーキをコンセプトにした、コンビニスイーツの中でもお高い商品の満足感を比較してみました。

正直に言うと、コンビニのスイーツだし、値段の割には満足できないだろうと期待していませんでした。

しかし、いいお値段というだけあって、いつも買うようなコンビニのモンブランと比較したら特別感や満足感がとてもありました!

いつもなら買う候補にあがらないプチぜいたくなケーキを楽しみながら食べることで、とても幸せな気分になりました。

わざわざケーキ屋さんに行かなくても買うことができ、税込み400円以下で楽しむことができる満足度の高いケーキ。

お皿に移してコーヒーと一緒に出せば、おもてなしにも使えますね。

子どもを連れてカフェでくつろぐことは難しいですが、コンビニのモンブランなら自分のタイミングで食べることができます。

自分へのごほうびに、ちょっとぜいたくなコンビニのモンブランはいかがでしょうか?

 

 

コンビニのモンブランにはアイスも!?

実は、コンビニで売られているモンブランはケーキだけではありません。アイスやパン、どら焼きなどのモンブランを楽しむことができるのです!

好みやそのときの気分に合わせて選ぶことができそうですね。ちょっとだけご紹介します♪

モンブランアイス(セブンイレブン、税込み約321円)

こちらは2021年の秋に発売されたモンブランアイス。イタリアの栗がたっぷりと使われた商品です。

栗あんの下には栗ソース入りバニラアイス、1番下はクッキークランチが入っています。ふたを開けると、モンブランを凍らせたままのような見た目にびっくり。

スプーンですくって口に入れると、蜜のようになめらかで濃厚な栗あんを楽しむことができます。

甘すぎないバニラアイスは、ふわっとした口当たりが生クリームのようです。

中央に入っている栗のソースでさらに栗を感じることができ、クッキークランチで違う食感を楽しむこともできます。

大きいように見えますが甘さ控えめなアイスなので、ペロッと食べられちゃいそうですね。

ふわふわケーキのモンブランアイス(ローソン、税込み198円)

このモンブランアイスは、アイスがどら焼きの皮に似た生地で挟まれているアイスです。

袋から取り出すとそのまま食べることができるので、スプーンも容器を置くスペースも必要ありません。

生クリームアイスの上に渋皮栗あんとダイスカットされた大きめの栗がのっています。

断面を見ると生クリームアイスの上だけでなく、アイスと生地の間にも栗あんが入っており、どこをかじっても栗の風味を楽しむことができそう。

冷凍されているのにしっとりふわふわした生地と、栗を使ったあんで、和菓子のようなテイストです。

栗は好きだけれどモンブランだとクリームが多くて重たいと感じる人に、いかがでしょうか?

 
 

まとめ

  • コンビニのモンブランと言ってもいろいろな種類があり、お手ごろ価格で楽しむことができる
  • その季節に合ったモンブランが発売され、コンビニの商品は入れ替わりが早いので飽きがこない
  • 特別感のあるモンブランもあり、自分へのプチごほうびやちょっとした手土産にすることも可能
  • コンビニのモンブランはケーキだけでなく、アイスやパンなどもある

人生で初めて栗の下処理をした結果、モンブランが他のケーキよりお高い理由がわかりました。

しかし、身近にあるコンビニでは満足感の高いモンブランをお手ごろ価格で楽しむことができるのです!

ワンコインでお釣りがくるような価格だと、食べ比べたり、他の種類を追加したりすることもできます。

自分がプチぜいたくするだけでなく、手土産やおもてなしにも使えるというのは嬉しいですね。

スプーンさえあればそのまま食べられるものが多いので、洗い物が増えないことも主婦からすると嬉しいポイントです。

お手ごろ価格で幸せな気持ちを運んでくれるコンビニのモンブラン。自分へのごほうびを上手に活用しながら、忙しい毎日を乗り切っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました