カスミソウに色付けする方法をご紹介⁉ダイソー商品で染めてみた‼ | 暮らしぷらす

カスミソウに色付けする方法をご紹介⁉ダイソー商品で染めてみた‼

100均

白い小花がたくさん咲いている、とっても可愛らしいカスミソウ。1本の茎からたくさん枝分かれしていてボリューム満点な花です。

そのかわいらしさから長く愛されているカスミソウが、ひと手間加えることでさらにかわいくなると、注目を集めています。

なんと、白いカスミソウがカラフルに色付けできちゃうのです!

カスミソウを好きな色に、色付けすれば人気のハーバリウムに使えたり、プレゼントの包装に飾れたりアレンジできるのです‼グーンとおしゃれになりますよ!

カスミソウの色付けはとても簡単です。私はお財布に優しくて大好きなダイソー商品で色付け出来ちゃったのでご紹介します!

色付けしたカスミソウは乾燥させてドライフラワーにもなりますよ♪皆さんもぜひ参考にして、挑戦してみて下さい‼

 

 

カスミソウに色付けする方法をご紹介

カスミソウに色付けできること、知っていましたか?私は知りませんでした。

色付けすることによっていつもの花と雰囲気がガラッとかわり、ひと手間加えるからなのか、とても愛おしくなるのです♪

白くてかわいいカスミソウの花を、色付けする方法をご紹介します‼

プリンターのインク
万年筆のインク
食紅
植物専用のリーフ液

この4種類でカスミソウに色付けすることができます‼

植物専用のリーフ液は安くても1,000円程度します。本格的に色付けしたい方は専用の液を使って色付けすることをおすすめします。

私はこの中からダイソー商品で色付けられる、プリンターインクの方法で試してみました‼

カスミソウに色付ける液体は、「染料」と書かれたものしか染まりません。

ダイソーへ行ってみると、たくさんのプリンター用インクが置いてありました。

↑私はこちらを購入。
「インク調合セット(5本組)」550円(税込み)です。

透明・イエロー・ピンク・ブルー・グレイの5色インクが入っています。

透明は色を薄くしたり、少し明るくしたり調整できます!

インク調合セットの楽しみ方も入っています!どんな色にしようかな‼とワクワクします♪

まず、インクを入れる容器を準備します。私は使ったあと捨てれるように、ゼリーカップでインクを調合しました。

↑左から「イエロー+ピンク3滴」真ん中「ピンク+ブルー3滴」右「イエロー+ピンク+グレイ」です。こだわって調合してみました‼

↑1時間後。左のイエロー+ピンクが色づき始めました!

↑3時間後。

↑1晩経ちました。残念ながら左のイエロー+ピンクしか色づきませんでした。色々混ぜるのは良くないのかもしれません。

もう一度、他の色と混ぜずに色付けてみました!イエロー・ブルーは色づきました‼うん、かわいい♪

しかし、グレイが色付かなかったのでショック。私の方法が悪かったのか、グレイの色が付きにくいのかは分かりません。

1色でピンクを染め忘れたことに気が付いた私は、カスミソウを買って4日後にインクにつけてみたのですが、残念ながら色付きませんでした。

私みたいに失敗しないためには、皆さんはカスミソウを買ったらなるべく早くインクなどにつけて下さい!

新鮮なカスミソウを選ぶと、キレイに染まりますよ!
 
 

カスミソウ色付けた花をドライフラワーにする方法

白いカスミソウをドライフラワーしたことがある方は分かると思いますが、1ヵ月もすれば花が枯れた色になってしまいます。

色付けしたカスミソウをドライフラワーにすると、水分が抜けて色付けした色が濃くなり長く楽しむことができますよ‼

そのため、色付けしたカスミソウはドライフラワーに向いています‼

そもそも、ドライフラワーとは、花を乾燥させて長い期間、色付けた花を楽しむことができるようにします。

ドライフラワーにすると、置いておく場所にもよりますが、約半年はキレイな色を楽しめます。

カスミソウは他の花に比べて水分量が少ないので、ドライフラワーになりやすく失敗しにくいですよ!

カスミソウをドライフラワーにする方法をご紹介します‼この方法なら、他の花をドライフラワーにすることも出来ますよ‼

  • ハンギング法
  • ドライインウォーター法
  • シリカゲル法
ハンギング法とは
花を吊るして風通しの良い、日が直接当たらない場所に置いておきます。日が当たると花の色が悪くなってしまいます。
 
花と季節によって約1~2週間ほどでドライフラワーになりますよ。
 

できれば、扇風機で風を当てて、なるべく短時間で乾かすとキレイな色のままドライフラワーになります!

 

ドライインウォーター法とは
花を少量(1~5㎝程度)の水に挿したまま、ドライフラワーにする方法。
 
少しずつ蒸発させていくことで、花の水を抜いていきます。
 
シリカゲル法とは
タッパーなどの密閉容器に1㎝ほどドライフラワー用シリカゲルを敷きつめます。
 
花の茎を2㎝に切り落としシリカゲルの上に置きます。花の上にシリカゲルを優しく振りかけ、完全に埋めます。
 
そして、密閉容器のふたを閉めて、そのまま1週間置いて完成。
 
シリカゲル法はキレイなドライフラワーになりやすいのですが、茎を短く切らないといけません。
 

ハンギング法でドライフラワーにしてみた

私はハンギング法で色付けした、カスミソウをドライフラワーにしてみましたよ!このように、吊るしておきます。

1~2週間でドライフラワーになるといわれているハンギング法ですが、私の場合は4日でドライフラワーになりました。

色付けしたカスミソウは吊るしてる姿もかわいい~♪

 

 

カスミソウの色付けした花をアレンジ

きれいに作れたカスミソウのドライフラワーを使って、アレンジに挑戦してみませんか⁉

色付けしたカスミソウを使ってアレンジするとかわいさ倍増しますよ♪

簡単に出来るアレンジ方法があるので、ご紹介します‼

 

リース
リース型の土台を準備します。100均にも売っています‼
 
グルーガンやワイヤーなどで色付けしたカスミソウや他のドライフラワーと一緒にくっつけるだけで、かわいいリースが作れちゃいますよ‼
 
グルーガンも100均に売っているので、お財布に優しくアレンジできますね‼
 
 
ガーランド
 
麻ひもを準備して、色付けしたカスミソウを結んだだけで、かわいいガーランドができました‼麻ひもは100均にも売っています。
 
カスミソウを色付けしただけで、どんどんお部屋がかわいくなります♪
 
ハーバリウム
人気のハーバリウム‼カスミソウのドライフラワーは、オイルに入れて使えます。
 
好きな色に色付けした、カスミソウを使えばオリジナルのハーバリウムが作れますよ!
 
プレゼントに飾る
プレゼントに色付けしたカスミソウを飾ってみました!一段と上品なプレゼントになりますよね。
 
贈る相手の好きな色に色付けするのも、素敵ですね。
 
他のドライフラワーと飾る
他のドライフラワーと合わせることによって、おしゃれなインテリアになりますよ!
 
気分もウキウキになり、お友達を呼んで自慢したくなっちゃいますね!
 
 

まとめ

  • カスミソウの色付けはお財布に優しいダイソー商品でもできる
  • 新しいカスミソウを色付けしたほうが色付きやすい
  • カスミソウはドライフラワーになりやすい花
  • 色付けしたカスミソウはアレンジしやすい
  • 色付けしたカスミソウはとってもかわいい

インクを入れた容器に直接挿しておくだけで、1晩で色付けできました!

初めて色付けしたのですが、びっくりするほど簡単でした!色付けしたカスミソウは、とってもかわいくアレンジしやすいですよ!

インクで色付けする場合は、顔料でなく染料のインクを間違えないように準備してくださいね。顔料では色付けできません。

好みの色に色付けすることでかわいさも増して、白いカスミソウとは違う雰囲気になり、とても素敵ですよ!

家の中に飾ればパッと明るくなり、笑顔になること間違いなし。簡単にできるので、皆さんもぜひ挑戦してみて下さいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました