ユニットシェルフのデメリット!対策するなら無印が一押し! | 暮らしぷらす

ユニットシェルフのデメリット!対策するなら無印が一押し!

暮らし

あなたは、無印のユニットシェルフに対するデメリット知りたいと思いますか?ほとんどの人が、デメリットはできれば知りたくない。と思っているのではないでしょうか。

だって、デメリットを知ったら、買いたい気持ちなくなりませんか。こんなことあるなら、買わない方がいいのかなって不安が大きくなりませんか。私もそう思っていました。

だけど、デメリットを知らないで購入すると、せっかく高いお金を出して買ったものが、無駄になってしまいますよ。

え?っと思ったそこのあなた。大丈夫です。今からきちんとユニットシェルフのデメリットを知ってから購入していく事で無印での対策ができ、デメリットを怖がることなく生活できるようになりますよ。

今回は、ユニットシェルフのデメリットを無印で解決する方法と、それを知ったうえで購入することにより、どんな対策ができるのかについて紹介していきたいと思います。

 

 

ユニットシェルフのデメリットを無印で調査してみた

中にはユニットシェルフって何?って思われている方もいるかもしれないので、簡単に説明したいと思います。

ユニットシェルフとは、組み合わせを自由に替えられ棚のことをいいます。

使いたい場所に合わせてパーツを替えて組み立てることもできます。そこまでできるのか!と関心してしまうほどです。

さて、本題に入りたいと思います。人は欠点を見つけることに関しては、得意と言っていいほど、敏感に反応します。なんでだろうって思ったこともありました。

だけど、欠点を見つけることは、長所でもありますよね!色んなアイデアを生み出すきっかけにもなります。

あなたは、いくつユニットシェルフのデメリットをあげられますか?

デメリットって聞くと、悪いイメージですが、それを受け入れることはとっても大事ですよね。

そんな無印でユニットシェルフのデメリットを、一緒に想像しながら聞いていただけると嬉しいです。

やっぱり、購入するならデメリットに関しても、生の声を聞いてからがいいと思いませんか。怖いけど知りたい。知らないで後悔したくないという方も多いと思います。

まず始めにユニットシェルフを愛用している方の声をきいてみました。

【お客様1】

私は8年間無印のユニットシェルフを愛用しています。一番気になるのが、構造上どうしても、グラついてしまうことですね。地震の時とかに気になってしまいます。

あとはほこりが気になりますね。やっぱり、掃除しないとよく目立ってしまいます。

でも、デメリットよりメリットの方が大きいので気に入っています。引っ越しの度に買い替える事もありません。

【お客様2】

私は4年間愛用しています。やっぱり、組み立てが大変なことね。大きいから女性ひとりでやると、かなり時間がかかってしまうのよね。

色んな場所に合わせて使えるからずっと愛用はしたいとは思うわ。

今回は二人の購入者様の声を聞いてみました。デメリットとして、グラついてしまう事、ほこりが気になること、組み立てが大変なことがあがりました。

人それぞれデメリットだと感じていることに差があります。

購入者の生の声を聞いてどう感じましたか。納得された方や、まだまだ知っておきたいなと思った方いたのではないでしょうか。

デメリットを答えてくれてはいますが、愛着を持って使われているんだなという想いが伝わってきます。

引っ越しても、組み合わせが自由に替えられることで、最長で8年使われいるのはすごいですよね。私は家具は使っても、4年ほどだったので比べものになりません。

デメリットがあっても、ここまで使えるんだって励みにもなりますね。

今回は無印でユニットシェルフを実際に購入してくださった生の声をもとに、どんなデメリットがあるのか調査してみました。

デメリット1

無印でのユニットシェルフのデメリットと言えば、傷がつきやすい。重いものを乗せると曲がったり、木製は湿気に弱かったりという特徴があります。

傷がつきやすいのは、仕方のない事です。長年使っていたらどんな物も傷がついてしまいますよね。

そう思ってはいても傷が目立つと、来客が来た時は気になって…。なんだか嫌だな…。これが本音ですよね。

次に、湿気に弱いのは木製ならではの悩みです。木は湿気を吸収する性質があるからです。

また木製棚板は、板が少しでこぼこしてきたりするそうです。すごく目立つほどではありませんが…。

重いものを乗せると曲がると聞いて、え?曲がるの?って思った方もいるかもしれません。

これは、本など重たいものを乗せすぎた時の話です。ここには、注意してくださいね。

これを聞くとユニットシェルフの購入は辞めた方がいいのかなと思う方もいるかもしれません。こういう事もあるんだぐらいに思っていてください。

デメリット2

2つ目のデメリットは、組み立てが大変という事です。逆をいえば、持ち運びには便利という事になるのですが…。

あなたは、組み立てるの得意な方ですか?それとも苦手なほうですか?

ほとんどの人が、組み立てが苦手という方も多いのではないでしょうか。大型のものになればなるほど、部品が多くなり、途中でわからなくなることもあると思います。

また、組み立てる場所を間違え、やり直した方もいるのではないでしょうか。

せっかく頑張ったのに…。と力が抜けますよね。だけど、やり遂げたときの達成感も大きいはずです。

私自身不器用なので、組み立ては苦手ですが、達成感を味わうのは好きなので、そのために頑張るという感じでやっています。

なかには、組み立てが苦手で、ユニットシェルフの購入を諦めているかもしれません。その反面、配置を替えられたりするので自分好みに仕上がるかもしれませんよ!

デメリット3

無印のデメリット3つ目はグラつくです。これはどの家具にも言える事ではないでしょうか。特に自分で組み立てる物ほど多い傾向にあります。

神経質な方の場合だとこれが気になってしまうかもしれませんね。

あなたは、自分で組み立てた棚がグラついてしまった経験はありませんか?せっかく頑張ったのに…。となる事も少なくはないですよね。

どうにかならないかなと思いながら、そのままにして置くことも多いのではないでしょうか。

考えている時に、いい方法って浮かんでこないですよね…。

デメリット4

木製は、ほこりが溜まりやすい事です。そのため、数日掃除をしないだけでほこりまみれになっていた、なんて事もあるそうです。

フルオープンであるがゆえに、色んな所からほこりが入ってきます。特に下の段は、人が歩いただけでもほこりが舞うので仕方ない事もありますが…。

あなたは毎日掃除していますか?仕事で忙しい方や掃除が苦手な方だと、苦痛になってしまうかもしれませんね。

お掃除好きになれるきっかけにもなりそうですよね。

デメリット5

5つ目は、隠したいものが隠せないです。家電の箱など見せておきたくはない物もありますよね。

置き方次第では散らかって見えてしまったり、収納下手だと思われたりと頭を悩ませることがあるかもしれません。

フルオープンだとなかなか難しいこともあります。すべて見えてしまうのがデメリットでもありますね。反対に、探すのは楽ですが…。

 

ユニットシェルフのデメリット!解決策には無印も関係あり?

やはり、みなさんが気になっているのは対策ですよね。おきる前の対策や、おきてからの対処までできますよね。

不安が和らぐのは嬉しいことです。心の準備がいつでもできているか、いないかの違いです。では、実際どんな対策があるのかいくつか見ていきたいと思います。

グラつき対策

デメリットのグラつき対策はやっぱり知りたい一つではないでしょうか。地震大国と言われる日本だからなおさらですよね。

実際に調べてみると、無印のユニットシェルフ対策として、クロスバーと言うものがありました。

取り付ける場所は、下の方が安定するそうです。他にも、つっぱりパーツや、帆立補強パーツ、転倒防止フックというのもあるそうです。

結構しっかり固定されるそうですよ。あなたのユニットシェルフに合うものを選んでみて下さい。ネジは緩みやすいので定期的に確認はしてくださいね。

隠したいものが隠せない、ほこりが溜まりやすい

隠せないものがあるの苦痛ですよね。せっかく買ったのにと落ち込んでしまうかもしれません。ほこりが目につくのもストレスになりますよね。

そんな方には、無印でオプションとして販売されている、扉付きの専用の棚を購入してみるのもいいかもしれませんね。

また、かごの利用でおしゃれにしてみてもいいかもしれません。これでストレスフリーで過ごせそうですね。

組み立てが大変

やはり、購入してすぐに直面するのがこの問題ではないでしょうか。大きい物に関しては、女性一人では対処できないのが悩みですよね。

年齢が高くなると更に組み立てが難しくなります。でも、返品はしたくないし…。頑張ってやってみるしかないのかな…。と思いますよね。

今回初めて知ったことなのですが、なんと!無印良品店は組み立てまでやってくれるそうです。嬉しいサービスですよね。

まだ、始めたばかりのサービスで、東京、埼玉、神奈川、千葉の一部地域限定で行っているそうです。

これで、届いたその日から使うことができますね。嬉しい限りです。

そんなあなたに、もう一つ嬉しいお知らせがあります。なんと、組み換えサービスもやってくれるそうです!

家族が増えて収納力が欲しくなった時、高さを低い物に替えたい時、引っ越しをして新たに組み立て直すことになった時でも利用できるそうです。

インテリアアドバイザーの方とオンラインで打ち合わせを行い、後日その通りに組み立ててもらえるという流れのようです。

限定地域の方からでも利用してみてください。あなたの、利用後の声が全国へサービス展開するきっかけになるかもしれませんね。

いかがだったでしょうか?今回は3つほど紹介してみました。

ユニットシェルフのデメリットに対する対策が、無印良品店のおかげで、あなたの不安を和らげることにつながったのではないでしょうか。

 

ユニットシェルフのデメリットを知っても購入するなら無印良品

ユニットシェルフのデメリット、今回あげただけでも多かったですが、購入ごの満足度も高い傾向にありますね。

実際にどんな種類があるのか調べてみました。

ステンレスユニットシェルフ、スチールユニットシェルフ、パイン材ユニットシェルフの三種類があります。

無印良品は、種類も豊富でパーツも多いので自分好みのアレンジがしやすい傾向にあります。

デメリットに対する対策も行いやすいのでいいですよね。

ユニットシェルを実際に使っている人がいたら、デメリットも含めて聞いてみると、さらに参考になりそうですよね。

どの組み合わせを選ぶかは、あなた次第です。また、無印良品で小物を選ぶ事もありますが、種類の多さに圧倒されたことはありませんか。

元店長さんの話では、そんな時は幅26㎝、奥行き37㎝のA4サイズを選ぶといいそうですよ。基本サイズがこのサイズなので選んで間違いはないようです。

いかがだったでしょうか?参考になってくれると嬉しいです。

 

 

まとめ

今回はユニットシェルフのデメリットについて以下の内容で紹介してきました。

・ユニットシェルフのデメリットを調査してみた

・ユニットシェルフのデメリット解決策には無印良品も関係あり

・グラつき対策

・隠したいものが隠せない、ほこりが溜まる

・組み立てが大変

・ユニットシェルフのデメリット知っても購入するなら無印良品

実際読んでみて、いかがだったでしょうか?デメリットを知ったうえで購入すると、対策グッズまで前もって準備できますよね。

今まで購入するのをためらっていた方、組み立てサービスを利用して快適な生活を手に入れませんか。

ちなみに、組み立てサービスの料金は1080円からだそうです。お安いと思いませんか。自分で組み立てる労力を考えると、払ってもいいかなと思えますよね。

ユニットシェルフはオプションパーツも充実しています。パーツ一つでオリジナルの棚が完成しそうですね。

うっかり忘れがちなのが重量制限です。せっかく購入したのに…。と残念なことにならないように注意しましょう。重量は30㎏までのものがほとんどです。

説明書を読んでしっかり対策をしていきましょう。こう考えると、説明書って大事なんだなってすごく感じます。

私自身、説明書はあまり読まないタイプだったので。横着ですよね…。自覚してます。

デメリットを知ることは決して悪い事だけではありません。木の色が合わなければ、今は100鈞でもリメークシートが販売されています。

手間さえ惜しまなければ、いろんな工夫ができるのもまた、ユニットシェルフの良いところでもありますよね。

家具は何と言っても、愛着をもって使ってくれる人のことが大好きです。手入れしているものほど長持ちしますよね。それと同じです。

あなたがお気に入りのユニットシェルフを愛用することで、デメリットよりメリットの大きさに気づけると思います。

あなたもメリットを知ってみませんか?多くの人が愛用する理由がわかるかもしれませんよ。

今は難しいなと思う方でも、家族が増えた時、新しく家を購入した時、新生活を始める時など、ユニットシェルフを使い始めるきっかけはたくさんあると思います。

コロナ渦でも、まだ生活に余裕のあるそこのあなた!そんな方は今すぐ購入することをおすすめします。

あなたのその一歩が、快適な生活を送る近道になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました