ショートやボブのエクステ失敗しないために!馴染む本数などを大調査 | 暮らしぷらす

ショートやボブのエクステ失敗しないために!馴染む本数などを大調査

美容

ショートやボブに髪を切ると、ロングが恋しくなるときはありませんか?

中には、カット自体失敗で、髪の長さを取り戻したいと思うときがありますよね…。

失敗されたカット状態で、髪が伸びるのを待つことを辛いなと感じる方もいると思います。

イメージチェンジをしたいそんなときも、エクステで髪の毛を伸ばすことができます!

エクステは種類があり、シールエクステ、プルエクステ、編(あ)みこみエクステ、超音波エクステなどあります。

美容院によって使われているものが違ったり、ショートやボブなど人に合わせた髪の毛だったり、エクステの種類は様々です。

今では、セルフエクステと言って自分でできる物も販売されていますよね。

ショートやボブでエクステは、失敗せず馴染むのか?不安になる方もぜひ参考にしてもらえたらと思います♪

 

 

ショートやボブのエクステを失敗しないために

ショートやボブにしたとき、ロングが恋しくなりエクステをつけたいと思いますよね。

他にも、カット自体失敗されてしまい、エクステで失敗をなかったことにしたり、イメージチェンジしたりなど、エクステはとても便利です。

ショートやボブ以外にも、前髪だけだったり、ハイライトとしての差し色だったりと、エクステはイメージチェンジを叶えてくれますね。

ショートやボブのエクステ選びで大事なことは美容院、美容師もそうですが、エクステの種類選びも大事かなと思います。

そんな、エクステには種類があり特徴と一緒にご紹介していきます!

失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください♪

各エクステのメリット・デメリット

エクステ種類 メリット デメリット
シールエクステ
  • 目立ちにくい
  • 付け心地が軽い
  • コスパが良い
  • 比較的、強度や熱に弱い
  • オイルなどでシールが外れやすくなる
  • 自分で外しにくい
編み込みエクステ
  • 自分でも簡単に外せる
  • 毛束を調整できる
  • 地毛やカラーした毛に馴染みが良い
  • 目立ちやすい
  • 乾きにくい
プルエクステ
  • 目立ちにくい
  • 毛質が良い
  • 強度がある
  • 毛束が少ない
  • 色を混ぜることができない
  • 自分ではずしにくい
超音波エクステ
  • 目立ちにくい
  • 髪の負担が少ない
  • 施術時間が短い
  • 比較的、値段は高め
  • しっかりドライヤーして乾かさないと外れやすい
セルフエクステ
  • コスパが良い
  • 手軽にできる
  • 慣れるまでは時間がかかる
  • 仕上がりは自分次第

 

シールエクステ

シールエクステは、髪の毛に取り付ける部分が薄いシールとなっているエクステです。

シールを地毛の根元近くに貼り付けます。地毛とシールエクステの馴染みが良く、目立ちにくいのが特徴です。

 

編みこみエクステ

編みこみエクステは、地毛とエクステを三つ編みにし結び付けて出来るものです。

三つ編みをしているので編み目が見えやすかったり、ボコボコが気になったりとありますね。

ショートやボブでは、エクステを頭上部の方に付ける事が多く、編みこみが目立ちなじみにくいかなと思います。

 

プルエクステ

プルエクステは、先端に付いているヒモと地毛を結んで付けるエクステです。

編みこみエクステに比べると、編み目が小さいので目立ちにくく、ボコボコが気にならないです。

プルエクステ自体、毛束は細く髪の量が多い方は、馴染みにくい場合があるみたいです。

 

超音波エクステ

超音波エクステは、超音波を発生させる専用の機械でエクステを溶かし、地毛に付けるというものです。

超音波エクステに付いているケラチンという部分を溶かし地毛に付けているので、とても目立ちにくいです。

 

セルフエクステ

セルフエクステは、シールエクステなどを自分で購入して付けるエクステです。

現在は、気軽にシールエクステなど売っているので材料を揃えると、リーズナブルにでき価格は抑えられますね。

ただ、自分で付けるため仕上がりが美容院のようにいくまでは難しいかもしれません。

 

エクステを付けたときの注意事項

シールエクステ、編みこみエクステ、プルエクステ、超音波エクステ、セルフエクステとさまざまな種類のエクステがありますよね。

毛質や毛量など、ご自身に合うエクステが見つかればショートやボブでも、失敗することが少なくなるかなとおもいます。

エクステが絡みやすい状態になれば、自然なヘアスタイルを維持できなくなり崩れてくる可能性があります。

シールエクステ、編みこみエクステ、プルエクステ、超音波エクステを美容院で付けた場合の持ちは約1ヶ月~2ヶ月ほどです。

エクステの持ちをよくするためにも、日々のケアが大切ですね。

髪を洗うとき、地毛の部分とエクステ部分を一緒に洗ってしまうと、エクステが取れやすくなります。

最初に、エクステが付いているところをトリートメントし流します。

その次に、地毛部分をシャンプーで洗い流します。このとき、しっかりとすすぎましょう!

シャンプーをすすぎ終わると、地毛とエクステどちらにもトリートメントをし、コンディショナーで仕上げます。

最後にドライヤーでしっかりと、髪を乾かしましょう。

エクステの種類によりますが、日々のケアをしっかりしていれば、だいたいこのくらいは持つみたいです。

ショートやボブにエクステを付ける場合は、頭上部分に付けることもあります。

シールエクステなどの目立ちにくいエクステがいいかもしれないですね。

それぞれメリットデメリットはありますが、美容院によって取り扱っているエクステの種類もちがいます。

エクステを付けに美容院へ行く際は、確認したほうがいいですね♪

そして、エクステを付けるときはイメージ写真などを持って行き、美容院の方と、自分の毛質や毛量のことを相談しながら進めましょう。

そうすることで、エクステを付け終わった後の失敗を感じることは少なくなるとおもいます!

 

 

ショートやボブのエクステ本数はどれくらい必要?

ショートやボブでエクステを付ける場合、どれくらいの本数が必要か気になりますよね。

ショートやボブだと、エクステが馴染む本数は多くなるとはおもいます。

もちろん、毛量や毛質、エクステの種類によって付ける本数は変わってきます。人によってさまざまですよね。

だいたいの目安をご紹介していきますので、参考にされてください♪

  • ショートの場合は、約80本~120本
  • ボブの場合は、約70本~100本
  • ミディアムの場合は、約60本~80本

ちなみに、私も10代の頃ショートにしたときがあります。

1週間くらいでロングに戻したいと思い、エクステを付けに美容院へ行きました(笑)

私が行った美容院は、シールエクステで初めは80本付けてもらいましたが、馴染まず最終的には120本付けました。

それでも、馴染みが良くなく地毛をカットしてもらい毛量をすくと、馴染み良くなりました!

エクステを付けてから、髪の毛をカットしてもらえるかは美容院によるみたいですが…。

エクステの付ける量が増えると、シャンプーやドライヤーなど大変ですよね。

それでも、エクステを綺麗に保つため日々のケアは大切です。めんどくさいときもありますが(笑)

エクステをどれくらいの本数を付けるか悩まれている際は、失敗しないための参考にしてください!

 

 

ショートやボブのエクステ値段はどれくらい?

ショートやボブの髪にエクステを付けようと思っても、だいたいの値段はどれくらいかかるか気になりますよね。

美容院でエクステをすると値段の高いイメージがあり、お財布と相談することもあります。

ショートやボブだと、どれだけの長さにするかもよりますが、エクステを付ける本数も増えますよね…。

値段も、エクステの種類や本数、美容院などによりますが、だいたいの平均をご紹介していこうとおもいます。

シールエクステだと、1本約税込み400円~が相場みたいです。

シールを地毛に貼り付けるため、シールの粘着によっては持ちが良くない場合はあるかもしれません。

編み込みエクステだと、1本約税込み500円~が相場みたいです。

ボリュームが出しやすいので、本数は他のエクステに比べると少なくてもいけます。

プルエクステだと、1本約税込み200円~が相場みたいです。

地毛の部分に付ける接着部分は小さく毛束が、編み込みエクステに比べると少ないのでボリュームが出にくいので本数は増えるとおもいます。

超音波エクステだと、1本約税込み500円~税込み700円が相場みたいです。

エクステの中では、値段が他と比べて高めですね。毛質も良く自然な仕上がりになるみたいです。

セルフエクステだと、シールエクステの場合は、1本約税込み100円~購入できるみたいです。

値段もそこまで高くないので、お試しに購入するのはいいかもしれないですね♪

ショートやボブの場合、エクステをロングまで付けたい場合、約80本~120本は必要だとおもいます。

値段はだいたい平均、約税込み16,000円~税込み40,000円となりますね。

カットやカラーはまた別でお金がかかるかもしれないとおもっていた方が良さそうです。

ホットペッパーなどで、予約をするときはだいたいセットになっていますが…。

それでも、エクステを付けるのはいい値段しますよね。

失敗しないためにも、美容院を選ぶときは口コミなど確認し、参考にしてもらえたらいいかとおもいます!

ホットペッパーなどは、新規クーポンで少し安くなっている場合もありますので上手にご利用できたらいいですね♪

 

 

まとめ

  • ショートやボブのエクステを失敗しないためには、種類選びや自分の毛量、毛質を美容師の方と相談する
  • ショートやボブのエクステ本数はだいたい平均約80本~120本ほど付けると馴染みやすい
  • ショートやボブのエクステ値段は美容院やエクス種類種類にもよるが、平均約16,000円~40,000円

ショートやボブのエクステは馴染むのか、失敗なく仕上がるかなど不安になる方もいてますよね。

失敗しないためにも、エクステの種類やご自身の毛量、毛質、イメージ写真などを美容院へ持って行き相談することで失敗が減るとおもいます。

ショートやボブの場合は、種類などによってはエクステを付ける本数も増え、値段も高くなりますが…。

ショートやボブに髪を切ったとき失敗されたり、思ってた感じと違ったりしたときでも、エクステでどうにかなるとおもえば気が楽になります。

簡単にイメージチェンジも叶えてくれますしね。

失敗しないため、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました